• ホーム

授業紹介

今日「アブストラクト」とは様々な場面でよく使われている。具体的には大学院入学からノーベル賞の審査まで幅広く用いられ、学者としてのキャリアの積むには、その全ての段階で必ず使われているものである。つまり「アブストラクト」とは国際的研究者として認められるために、なくてはならない手段であると言えよう。

続きを読む

[2017年12月] 全学公開・大学院生向け「英語によるアブストラクトの書き方—国際的研究者として みとめられるために必要不可欠な手段」 How to Write an English Abstract: The Essential Step for Becoming an International Scholar

集中講座、4990190B  Intensive Course/Workshop
単位数 Credits: 1
他学部聴講 Open to other faculties 

 

東京大学大学院情報学環•学祭情報学府
GRADUATE SCHOOL OF INTERDISCIPLINARY INFORMATION STUDIES
THE UNIVERSITY OF TOKYO

 

「英語によるアブストラクトの書き方—国際的研究者として
みとめられるために必要不可欠な手段」
How to Write an English Abstract:
The Essential Step for Becoming an International Scholar

by William H. Coaldrake
ウィリアム・コールドレイク 特任教授
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
http://abstractjp.com

日時: 2017年 12月4日−8日(A2) 14:55~18:35(毎日4−5時限)
教室:  情報学環本館6階実験室(12月4日~12月7日) / 情報学環本館本館2階教室(12月8日)

なぜ「アブストラクト」が必要か?
今日「アブストラクト」とは様々な場面でよく使われている。大学院で博士号取得の際は必須であるが、学業成績の最後に論文アブストラクトを記載する事は海外では今や当たり前の事である。また、フルブライトの申請の際は希望する研究内容のタイトルとアブストラクトを添付する事が義務付けられている。

続きを読む